民間活用防災拠点設置事業│令和3年度太陽光パネル付・無料カーポート公募

令和2年度・ありがとうございました
令和2年度は900件以上のお問い合わせを頂き、多治見市を中心に170ヵ所の設置にご協力頂きました。誠にありがとうございました。

事業背景

①気候変動による災害の甚大化

地球温暖化の影響を受けて、近年の気候変動は大きく変化しています。
皆様のご記憶にも鮮明に残っていると思われますが、台風や集中豪雨の発生頻度が高まっており、その影響によって大規模停電や水不足などが引き起こされています。
特に降水量について注目されており、年間降水量そのものに大きな変化はありませんが、アメダスの観測による1時間降水量50mm以上の短時間強雨(滝のように降る雨)の発生回数は増加していますが、降水日数は減少傾向にあります。
実際に、RCP8.5シナリオを用いた予測では、21世紀における短時間強雨の発生回数は、すべての地域及び季節で有意に増加すると予測される一方で、4つのRCPシナリオを用いた予測によれば、21世紀末の無降水日は全国的に増加すると予測されています。

気候変動監視レポート

1時間降水量50mm以上の年間発生回数の経年劣化(左上)
日降水量1.0mm以上の年間日数の経年劣化(右上)
1時間降水量50mm以上の年間発生回数の将来変化(下)
出典:気象庁、2017:気候変動監視レポート2016

②災害時の長期停電

災害時に於ける停電は、市中の電線が倒木などで切れる事で発生してきました。
近年に於いては、高圧線で発電所から送電を支える鉄塔の倒壊など台風の強力化で災害時に台風の強力化に伴い復旧に時間を要する深刻な被害が増加しています。

鉄塔などの倒壊は復旧に何週間も要するため、仮迂回線での供給を目指しますが、これも1両日中の復旧などあり得るはずもなく、停電が長期化してしまいます。
長期化した停電は市民生活に打撃を与えるだけでなく、災害からの復興に暗い影を落とします。
各市町村単位での災害時に於ける対策は、防災計画として立案されていますが、行政として非常用電源の確保などが行われているケースは少なく、中部電力などの一般送配電事業者に預託せざるを得ません。
2019年の千葉県に甚大な被害を及ぼした台風15号では発生から3日目で38万戸。15日目でも6000戸が停電から復旧できませんでした。

台風15号による関東圏内の停電件数の推移

出典:電力バンク https://blog.enerbank.co.jp/disaster/chiba-blackout/

事業概要

①太陽光パネルでの災害時電力確保

太陽光パネルの自立型分散電源と呼ばれる、災害時に電柱からの送電に頼らず、一定エリアの最小限の復興電源を確保する手法は早くから研究がなされてきましたが、コストが高く非常用として設置するには平時利用の幅が無いため、社会実証程度に終わり実用化されるに至りませんでした。

株式会社エネファントでは2018年より自立型分散電源を、太陽光パネル・カーポート化する提案をし、商品開発と実用可能なコストレベルの模索を行ってきました。
2019年に商品化とはなりましたが、1基あたりの価格は380万円と高額域を脱する事ができず、行政機関などへの販売は頓挫しておりました。 但し、性能としては被災地の初期段階に必要とされる携帯電話の充電施設として十分な能力を有していました。

岐阜県多治見市の電力事業株式会社エネファントの太陽光パネル付きカーポート無料設置

②無料設置の事業化

高額な太陽光パネル・カーポートを地域の防災力強化に何とか役立てるために、無料設置の事業化に取組み、2019年に株式会社エネファントは経済産業省から小売電力業の認可を受けました。 これと同じくして地域の金融機関からの協力も取り付け、パナソニックからの協力価格での商品提供も締結し、無料設置の事業化に2020年より開始する事ができました。

岐阜県多治見市の電力事業株式会社エネファントの太陽光パネル付きカーポート無料設置の仕組み

無料設置条件

①設置契約による条件

  • 災害時には設置されている非常用コンセントから、電気を取り出し地域住民の皆様の
    災害復興電源としてご利用頂けるように解放をお願いします。
  • 株式会社エネファントは設置に関わる資金を金融機関から借り入れている為、
    設置期間を設置日より10年間は継続設置をお願いします。
  • 株式会社エネファントの返済原資は電力販売である事から、設置をさせて頂いた方は
    電力供給を当社に変更をお願いします。

②設置場所による条件

  • カーポートのサイズとしては、下記となります。サイズ変更はお受けできません。予めご了承ください。
    岐阜県多治見市の電力事業株式会社エネファントの太陽光パネル付きカーポート無料設置
  • 敷地の地域・形状・状態により以下の制限があります。
    地域制限
    平坦地である事。 50cm以上の隆起や段差が無く、設置場所内の最大高低差が50cm以下である事
    日照制限
    日照が十分に確保することが出来ること。 設置予定地の南側に建物がある場合で、2階建てである場合には、現地調査にてご判断させて頂きます。
    積雪制限
    平均積雪60cm以下の地域
    風速制限
    平均風速38m以下の地域
    地表制限
    地表が土・砂利であること。
    ※コンクリート・アスファルトである場合でも設置は可能ですが、厚みが大きい場合には施工ができない場合があります。

③性能による条件

  • 屋根面が太陽光パネルとなっているため、強い雨が降った場合には雨水が侵入します。
    これは本カーポートとしての標準性能としておりますので、雨に濡れても良いもの以外はカーポートの下での保管はおやめください。
  • 本カーポートには雨樋が付属していません。必要な場合には別途費用にてオプション工事で設置が可能です。
    ※雨樋標準工事費:59,807円(税込)

④電気工事による条件

太陽光パネルで発電される直流電力を交流電力に変換するパワーコンディショナーと制御盤の設置が必要になります。設置方法兄は下記の2通りがありますが、一般配電事業者の電柱までの距離と既設で仕様されている電線の種別により、お客様にお選び頂く事ができませんので予めご了承ください。

柱設置方式

【設置イメージ】

岐阜県多治見市の電力事業株式会社エネファントの太陽光パネル付きカーポート無料設置柱設置方式イメージ

外壁設置方式

【設置イメージ】

岐阜県多治見市の電力事業株式会社エネファントの太陽光パネル付きカーポート無料設置外壁設置方式イメージ
岐阜県多治見市の電力事業株式会社エネファントの太陽光パネル付きカーポート無料設置パワーコンディショナー、制御盤・非常電源BOX 岐阜県多治見市の電力事業株式会社エネファントの太陽光パネル付きカーポート無料設置パワーコンディショナー、制御盤・非常電源BOX

無料設置の流れ

①簡易調査の実施

  • 簡易調査とは、頂いた情報をもとに物理的に設置予定地に設置が可能かを判定するものになります。設置希望の方はまずは簡易調査をご申請ください。

    簡易調査の詳細としては、頂いた住所地番からGoogleMap(グーグルマップ)で設置予定地を衛星写真から確認します。これにより、概ねの設置サイズの確認が可能になります。また、行政機関への照会を行い条例などに照らし合わせて法令上の規制がないかを調査します。 電気的な観点からは、中部電力への照会を行い、太陽光発電設備の新設に関する事前相談を実施します。以上の観点から簡易的に調査を行い、設置の可否についてご連絡を差し上げるものです。
    GoogleMap(グーグルマップ)の表示例

    GoogleMap(グーグルマップ)の表示例

②令和3年度公募申請

  • 令和3年度の公募設置件数としては、2月1日現在で180基を予定しております。
    公募設置件数は上限に達し次第で、公募受付を終了といたします。また、公募審査の公平を保つために、公募決定数及び、公募審査中の件数については、公表できないことを予めご了承ください。また、公募期間としては令和3年2月20日より受付を開始し、公募受付の締め切りを9月末日とさせて頂きます。
    公募審査としては、受付順とさせて頂き、順次に可否をご連絡させて頂きます。
    公募設置件数には制限がございます。お早めのご検討または簡易調査を申請される事をお勧めいたします。

よくある質問

①簡易調査の実施

説明会などでよくある質問とその回答を記載いたします。この他にもご相談やご質問のある方は、電話【0120-10-9336】無料設置カーポート担当までお気軽にお問合せ下さい。

無料設置とありますが、本当に全て無料でしょうか?設置は無料だけど維持コストを毎月負担するなどはありませんか?
ご安心下さい。設置の為の調査費用・設計費用・申請費用本体部材費・施工工事費など一切の費用は頂いておりません。
当然、毎月費用が発生する事もありません。
台風などで、太陽光パネルが外れて、隣地の建物に損害を与えた場合にはどうなりますか?
無料設置カーポートは動産保険に当社負担にて加入しています。風水害などで被害が発生の際には、被害については全て補償できる内容となっています。詳しく保険の内容がお知りになりたい場合には保険会社のパンフレットをお渡ししておりますので、こちらにて内容をご確認頂けます。
カーポートの柱に車をぶつけてしまった場合にはどうなりますか?
車を運転されていた方の過失となりますので、車の保険を使って柱の修理をして頂く事になります。但し、当て逃げなどでぶつけた人が分からない場合には当社の保険にて修理させて頂きます。
災害発生時に、必ず家にいるとは限らず復興電源を地域住民の皆様にお配りする事ができない場合にはどうなりますか?
平素の対応として、ご近隣の方や地域の町内会長様や役員の方々に災害時の対応方法を事前にお話し頂けるとありがたいです。復興電源は停電時以外は通電しない仕組みになっておりますので、電源BOXに施錠などの必要もありません。また、様々なご都合で復興電源の配布ができなかったとしても、罰則やペナルティはありませんので、ご安心ください。可能な限りのご助力をお願いいたします。
設置から10年未満で設置を取りやめる場合にはどうなりますか?
解約金を申し受ける事となります。金額に関しては以下の表によりますので予めご了承下さい。

1年目 2年目 3年目 4年目 5年目 6年目 7年目 8年目 9年目 10年目
解約
金額
20万 18万 16万 14万 12万 10万 8万 6万 4万 2万
カーポートの撤去はどのようになりますか?
撤去費用については、作業費・処分費など全ての費用は当社が負担いたします。撤去時期につきましては、ご依頼から2ヵ月以内の撤去となります。また、地上物は全て撤去いたしますが、埋設物の撤去はお客様にご負担となりますので、予めご了承ください。
株式会社エネファントが倒産したらどうなりますか?
金融機関はカーポートに融資した金額を回収するのが目的ですので、いきなり撤去という事にはなりません。所有者が株式会社エネファントから金融機関に変わる以外には、大きな変化考えにくいと思います。但し、設置から10年以上経過した場合には、有償もしくは無償の譲渡の相談がある可能性があります。カーポートに融資した金額を回収し終えた時です。この場合には譲渡を受けると、メンテナンスなどがお客様のご負担になるので、しっかりとご検討される事をお勧めします。倒産のようなご心配をかける事無く事業に邁進してまいります。

Copyright© 2021 株式会社エネファント All rights Reserved.